遠い記憶を呼び覚ます金沢の街

昨日は金沢中心部にも近い内灘などを見ました。車を乗り入れることができる広い砂浜からは夕陽を望むことができるなど、金沢中心部から10分ほどのロケーションとは思えない風光明媚な立地環境に発展のポテンシャルを感じました。

今朝は5時前から宿泊したシェアホテルのHATCHIに近い主計町やひがしの茶屋街を散歩しました。どこからともなく香が漂い、どこか遠い記憶が呼び覚まされる懐かしい感覚です。自然を身近に感じられ京都より素朴で落ち着いた金沢の街は魅力的です。新幹線開業効果が薄れても成長が維持されると感じました。

Translate »