人生を見つめなおしたい人募集中

昨日は、朝から宿のある行政区の年次総会に出てその足で東京に行き、午後から人の採用に関する打合せをしました。人の採用を支援する企業だけに、客用スペースに大きな面積をとった「行きたいオフィス」がコンセプトらしく、久しぶりに力の入ったオフィスを見ました。

この会社がユニークなのは給料などの待遇を一切募集企業側に書かせないことです。待遇より働き甲斐を重視する姿勢が、20代、30代の若者に支持されているようです。良い待遇を提示しにくい旅館業界にとって、こうした風潮はありがたいものです。

一人で宿を立ち上げることの困難さは予想されたものですが、そろそろ人の助けが必要になり始めました。ローテクの代表のような旅館ですが、業務範囲が広く許認可やセールスなどやることは多くノウハウの塊とも言えます。

17室の小規模の宿泊施設とはいえ朝から温泉浴場を清掃して白河に買い物に行けば半日はつぶれます。昨日のように東京での打合せも少なくなく一日仕事になります。

「日光国立公園の大自然のなかで自分と向き合い、これからの人生を見つめなおしたい人に最適」?な仕事です。皆さまのお知り合いなどご紹介いただけると幸いです。

Translate »