スノープラウで十分?

願いが通じたのか今朝は30cmほどの積雪がありました。夜明け前に、温泉から雪に煙るブナの森をながめていると心が落ち着きます。この時間は本来なら交感神経を高めていかなくてはならないのでしょうが、朝から心身ともにリラックスしてしまいます。雪はこれまでの舞い降りるような優雅な雪ではなく、地表へと急ぐような東京でみかける雪です。

駐車場の積雪が30cmほどあり、購入後2週間以上放置されていたスノープラウをやっと試すチャンスがやってきました。35kgの重量のスノープラウは一人で取り付け可能ですが、一定の慣れが必要です。30cm程度の駐車場の雪をかくことに関しては全く問題がなく、農繁仕様のクリッパーに装備される低速走行ギアが活躍します。しかし、駐車場から国道へ出るスロープはクリッパーの50PS、6.4kgf・mのトルクでは押し切れません。

結論としては、スノープラウは現実的な選択だと思います。手押し除雪機は最低でも30万ほどするのに対してスノープラウなら10万です。ここ新甲子温泉の雪の季節は3カ月ほどでしょうけど、除雪が必要な機会はおそらく15日程度と思われます。スノープラウでかききれないところは人力を併用すれば解決しそうです。スロープにたまった雪を都度人力でどかす作業が必要ですが、それ以外はヒーターのきいた暖かいキャビンで作業できるので安楽そのものです。

Translate »