標高800mは花粉症が軽い?

花粉症になったのはもう記憶にないほど昔です。この時期は思考が低下しますし、つらいことはつらいのですが、ここ数年は食事や運動による体質改善の効果なのか、単に慣れただけなのか、薬を服用していた頃よりは症状が改善し軽くなりました。

昨年は2月21日に本格的な花粉症が始まり、昨日の異様な暖かさでもう時間の問題だと思っていましたが、律儀にも今朝から花粉症の軽い症状が出始めました。

ここ新甲子温泉のあたりの標高は800メートルで広葉樹中心の森のため、日光国立公園のゲートがある標高600メートルほどの集落よりも花粉症の症状が軽いと聞いています。花粉症は血行障害もその原因らしく、自律神経を整えることや運動が対策になると思います。写真は昨日の朝スノーシューで散歩に出かけたときに見つけたうさぎの足跡です。おもしろいことに足跡が浮かび上がっています。ウサギが踏んでそこだけが固まり、まわりの雪が風で飛ばされたのではないかと考えています。

Translate »