年を取るほど生活に変化が必要

今朝の東京は気温が低く空気が澄み渡り、この時期らしい青空が広がり雪をかぶった丹沢山系を間近に望むことができます。近くの公園では梅の花が咲き始め季節の移り変わりを教えてくれます。しかし季節感に乏しい東京で最も季節を意識するのは、あと10日ほどで始まる花粉症です。ここ数年間で花粉症は軽くなっているような気がしますが、それはこの4、5年、食事の見直しや運動を始めて身体が健康になっているからだと自分では思っています。私がいる新甲子温泉は標高が800mほどあり、ブナなどの広葉樹が中心の森に立地することから花粉症が軽くて済むと聞いていましたので、今年はさらなる改善に期待をしています。

正月や自分の誕生日ではなく、花粉症の季節が一年という時の経過を一番意識させてくれます。よく年をとるほどに時間の経過が早くなると言います。以前は私もそう思っていました。重ねた年齢と比べると、相対的に一年の長さを短く感じるものなのだろうと理解していたのですが、最近になってそれは違うのではないかと考えるようになりました。

私は2001年の元旦から日記をつけているのですが、16年前の今日まで振り返ると、当時はまだ前の前のさらにその前の会社にいたのですが、おもしろいことに気付きました。同じ職場にいるときは非常に時の経過を早く感じるのです。それが1年前のことでも10年前のことでもそれほど時間の長さに差を感じないのです。去年の今日は祝日で休みだったのですが、当時買収検討をしていたホテル物件の事業収支検討をしていました。あれから本当に色んなことがあり、人との出会い、別れ、会社を辞め、旅館を買い、一人暮らしを始め・・と振り返ると時間の長さの概念とは違うのかもしれませんが、少なくともあっという間に一年が過ぎたという感じはしません。

だいぶ以前に読んだトム・ピーターズの本で、自分では25年のキャリアだと思っていても、それは25回繰り返された1年分の経験だと書いてあったことを思い出しました。年を重ねるごとに残された時間を意識せざるを得ないのですが、悔いを残さないためには年を重ねるほど生活に変化をつける必要があるのではないかと思います。

Translate »