傘のいらない雪国暮らし

今朝も雪が降り続き、春までこの雪は消えないでしょう。積雪は駐車場で60cmほどあります。写真は温泉浴場から見た景色ですが、離れの屋根にも30cm以上の積雪があります。

10月以降こちらに頻繁に来るようになり、12月からは住み込んでいるのですが、ふと気がつくと、傘を一度もさした記憶がありません。11月以降は雪になりいつもフードのついた上着を着ているので傘は不要なのです。考えてみれば傘ほど時代遅れの製品はないと思います。太古の昔から機能は全く変わらず、不便な上にさしても濡れます。外国では傘をささない人もみかけますが、少なくとも春までは傘の世話になることはなさそうです。

Translate »