今年の春は遠い昔

不公正な取引を正す米中貿易戦争が始まったときは、中国市場をオープンにする経済問題だった米中対立は人権問題を始めとした冷戦、そして今は南シナ海を舞台とした戦争に発展する危険があります。民主的なプロセスを経ない極左冒険主義の革命政権はその出自からして法治概念の欠如した犯罪集団です。プロパガンダによる思想コントロールで民衆の心の隙きをつくポピュリズムはやがて暴力と金による恐怖政治で国民を支配しました。実質マイナス成長とされる経済崩壊、豊かになる前に高齢化した社会崩壊、そして常軌を逸した香港国家安全法の域外適用で、香港の租借と同じ99年で中共政権が終わる気配です。背景を持たない故に消去法で選ばれた習近平は彼が尊敬する毛沢東と同じ過ちを犯しましたが経済成長の終わった今、鄧小平はいません。中共と組んで儲ける親中派がいなければソ連と一緒に崩壊していたはずの中共の命運は尽きるのでしょう。習近平の国賓来日を議論していた今年の春が遠い昔に思えます。

Translate »