最強の週末

理想の週末はどのようなものか考えます。20年前に勤めていたコンサルティング会社の役員は、「人間は週一度休めば平日はいくら働いても死ぬことはない」と公言していて、今なら問題発言でしょうが大方の社員がそれを当然と受け止めていました。人体のメカニズムとは相容れない日常生活で傷ついた身体を修復することが週末には必要だと思います。のんびりした週末が逆効果になるのは自律神経が乱れる安楽さの罠があるからです。自分にとっての最強の週末は1日か2日食事を抜いて、その間は糖質やカフェインも摂らずにジンジャーティーなどの水分だけで済ますことです。並行してかなりハードな運動をすることがポイントで、これにより胃腸がリセットされ脂肪が落ち始めます。エピキュリアンにとっては貴重な食事を3度(6度)も抜くなど狂気の沙汰でしょうが、断食中に訪れる平和な時間の静けさとその後の食事の美味しさを知れば考えが変わります。何よりこれだけで大半の生活習慣病を防げて将来の医療費が限りなくゼロに近づくならやらない理由はありません。自然のなかで飢餓状態で運動をして、野生の身体を取り戻すことこそが最強の週末だと思います。

Translate »