気力は筋力

ステイホームがノーマルになると電車に乗って外出することが億劫になります。リモートワークの成果に疑問の声が上がる一つの理由は、出不精になり筋力が使われず気力まで奪われていくからでしょう。子供の声が絶えない保育園や小学校に行くとこちらまで元気になり、病院や高齢者施設に行くと生気を奪われる気がするのは、人が発する気が影響しているからだと思います。明るい会社と暗い会社の違いは社員の発する気力の反映でしょう。モチベーションの向上には報酬とやりがいが必要とされますが、経営者の多くが従業員のモチベーションに悩む理由はインセンティブにばかり目が行き、気力を生み出す人体のメカニズムに着目しないからだと思います。面倒になり安楽を求めたり、受動的な娯楽にばかり身を委ねていると心身の機能が低下し人は無気力になります。無気力の処方箋は運動しかないと思います。結局のところ気力は筋力から生まれ、血流が良くなりアドレナリンが分泌する運動により、心身の機能が向上して気力が生み出されるのでしょう。

Translate »