人のいない世界

コロナ騒動が長引くとの懸念が広がり、ビジネス形態は感染リスクのある人と人が接触しない世界を目指すと思います。テレビ局は無人カメラを設置した一人だけのYou Tube放送局に代替できますし、アマゾンなどのオンライン小売やフードデリバリーが増え、学校の授業だけではなくフィットネスクラブや飲み会もオンライン化しています。場所や人の固定費がかからず距離の制約がなくなり、オンラインビジネスは成長産業になる可能性があります。一方で2億人にユーザーが急増したオンラインミーティングソフトのZoomが標準外の暗号化で北京のサーバーにデーター転送していたことをCEOが認めました。中国政府が今年1月に施行した暗号法では、中国にある外国企業は海外ネットワークにまで中国当局が侵入でき、Zoomは中国で700人がアプリ開発を行います。20カ国9万校のオンライン授業で使われるZoomは、経団連、経産省をはじめJAL、楽天など有力企業が利用しており対策が急がれます。自粛が続こうが続くまいがあらゆる面から人がいない世界へと社会の構造が大きく変わり始めると思います。

Translate »