逐次投入を繰り返す日本

高度にデジタル化されスマホなしには生きられないはずの中国で過去3ヶ月に2,100万のスマホが契約解除され、少なすぎる中国の死者数の桁がだいぶ違う可能性を暗示します。一部の中国メディアは1、2月の国内失業者が2億人を超えると伝え、米国の失業保険申請件数はリーマンショックの10倍です。戦争を知らない世代は想像するしかありませんが、今世界で起こり始めている事態は戦時下に近いと思います。最優先は戦争に勝つ事であり負ければ財政再建の心配は意味を失います。日本軍が戦力を出し惜しみ逐次投入で痛手を負った教訓を活かすべきでしょう。非常時こそあらゆる面で改革を一気に進めるチャンスであり、真面目に働かないサラリーマン、真剣に学ばない学生を本気にさせて人生の主体性を取り戻す絶好の機会です。自分たちだけが安全地帯にいてリスクを取らず、事態の深刻さを理解できないエスタブリッシュメントが平成を失われた30年にしました。縦割り組織の狭い範囲でしか物事を考えず、これまでのやり方にこだわり、長いものには巻かれる空気がこの国から主体性を奪っていると思います。

Translate »