主体性を取り戻す絶好の機会

娘のルワンダでの活動がForbes JAPAN3月24日の電子版(https://forbesjapan.com/articles/detail/33150)で取り上げられました。中学までは積極性も主体性もなくのんびりと流されるままに過ごしていたのですが、中学3年のとき突然中高一貫の女子校から公立の中学に転校すると言い出したあたりからスイッチが入ったようで、高校1年のとき海外に一年間留学したことが契機となり、群れる日本人もいないニュージーランドの田舎町で自ら動き環境を変える「人生の主体化」に目覚めたようです。人生が半分以上過ぎてから人生の主体化の意味がようやく分かってきた親などに制御できるはずもなく放置状態が続いています。企業や人がどうすれば変われるのかは大きな関心事です。観光立国を目指すはずだった業界は地震や風水害リスク、政治リスクをまともに受け今はウィルス騒動で致命的な打撃を被っています。一連の騒動が多くの人の人生を変えてしまうように、企業も変わりゆく世界にあわせて会社のあり方を転換し主体性を取り戻す絶好の機会とすべきでしょう。やらざるを得ない状況まで自分を追い込まない限り人も組織も変われないのかもしれません。

Translate »