無邪気過ぎた日本人

安倍首相の在任期間が憲政史上最長になり株価だけが不気味に上がり続けるこの国では、すでに崩壊しているものに望みを託さなくてはならないのかもしれません。増税をしても社会保障費や借金の増加は止まらず人口が減っていく国に未来がないことは、ジム・ロジャーズに言われなくても知っています。変革を担うはずの若者の2020年卒の志望先は1位と2位が昨年と入れ替わっただけでトップは地方公務員、2位は国家公務員とされます(リスクモンスター発表)。緊張感のない政治は不要不急の話題に時間を費やし、マスコミは香港の民主化運動より芸能界の薬物汚染を騒ぎ、国民は今日何を食べるかぐらいしか関心のないのが今の日本です。歴史上平和の恩恵を今ほど受けた日本人はいませんが、その尊さを考えることもありません。1960年代に生まれた自分にとって一番輝いていた日本は1970年代です。まだ生活が豊かとは言えなかったから未来や消費に希望を見出すことができたのですが、その希望の現実が今の退廃した社会であるならわれわれは無邪気過ぎたことになります。

Translate »