コンプライアンス以前の日本

芸能界には関心がないのですが、薬物中毒を長年放置してきたエイベックスの経営に焦点が当たると話は違ってきます。こうした経緯を知らないはずのないNHKが今頃になって被害者面するあたりも懲りない体質と業界の異常さを物語っていると思います。ビジネスエシックスが問われる時代に入っても人間の醜さと愚かさがもたらす倫理観を欠いた商習慣はなくなりません。業績の良い特定銘柄に投資が集中するように、成長企業の見つからない日本において企業の成長はあらゆることへの免罪符になります。業績を急成長させる経営者のエキセントリックな行いに対して社会は寛容です。税金を払わないGAFAやソフトバンクの行動も、ソフトバンクを崩壊させかねないWeカンパニーの粉飾も、エイベックスのトップに噂される薬物疑惑も同じことです。コンプライアンスに真面目に取り組むはずの日本でコンプライアンス以前の問題がたびたび起こる理由は、逃げ場のない単一民族国家の島国故に本音を隠して建前で生きることを強いられるからなのかもしれません。

Translate »