見えない力に操られる世界

就任後最低の支持率となった文在寅大統領が朝鮮労働党秘密党員だとする仰天ニュースの真贋は分かりませんが、半島統一の最も現実的なシナリオは北朝鮮による統合です。これまでの文大統領の行動は国家転覆をはかろうとする目的なら辻褄が合います。それでも4割前後の国民が大統領を支持する韓国はミステリアスですが、日本から北朝鮮への帰還事業が1980年代半ばまで続いていたことを考えるとあながちありえない現象とも言えません。ポル・ポト政権下大量虐殺された多くのエリートが率先してカンボジアに帰国したように、祖国への愛は冷静な判断を狂わせるものなのでしょう。見方を変えると日本人こそ非常識とも言えます。太平洋戦争の戦場となりながらも国家が分断されることも難民となることもなく、70年以上に渡り平和な社会を享受しているわれわれの尺度は世界に通用しないのかもしれません。自由も民主も認めない国によって世界の半分が支配されていることを現代の日本人は想像することができませんが、今でも世界は見えない力によって操られているのだと思います。

Translate »