華のない富士総合火力演習

昨日は富士総合火力演習に行きました。応募倍率30倍、駐車場付きチケットの倍率は100~200倍、御殿場駅前の駐車場は午前3時に満車、連絡バスは1時間待ちが当たり前との前評判に全く食指が動かなかったのですが、機会があり出かけました。事前情報ではアクセス方法は駐車場チケットに当たるか御殿場駅からの連絡バスかタクシーしかないとのことでしたが、3、4km離れると駐車場はいくらでもありますから自分の足で移動すれば混雑や待ち時間と無縁でロード練習にもなります。演習参加部隊2,400人、戦車・装甲車80両、火砲60門、航空機20機、実弾35トンによる国内最大の実弾射撃訓練だけに多少は期待をしたのですが、航空ショーとは違い華がありません。飛来したF2も上空3,000mの雲のなかを飛び去っただけで興ざめでした。演習展示地域から離れたスタンドから見てもユーチューブ映像とあまり変わらず、出不精で人混みが嫌いな自分などは仕事でもない限り行くことはないと思います。感心したのは富士山の形に空中で炸裂させる155mm榴弾砲の正確な射撃と、日米共同演習の様子を写した洗練されたプロモーション映像です。

Translate »