EBMは新手の作り話

医学の進歩を信奉する人は最新が最良と考え、最新医学のデータや高度化されたEBMを有難がります。しかし、巷で喧伝される主張の根拠は相関関係であって因果関係ではなく推測の域を出ません。その証拠に全ての主張は他の主張と矛盾していてどれを信じて良いのか分かりません。唯一信用できるのは誰もが知る口述伝承された知識ぐらいで、早起早寝、腹八分目、適度な運動を実践すれば健康になれると思います。重要なことは生体恒常性のデフォルトに忠実に生きることです。規則正しい食事や朝食を重視する主張は一見正しいように見えますがその信憑性は疑われます。人体はその歴史の大半を占める狩猟採集生活に適応していて、毎朝同じ時間に食事がある生活を始めたのはごく最近のことです。何km走っても獲物にありつけない日が多かったはずですから、決まった昼休みに短時間でかき込む昼食も人体にとって不自然です。必要がなければ狩りにも行きませんから、空腹時間が長かったはずで、冷蔵庫を開ければ食事がある生活が体に良いはずがありません。EBMという新手の作り話は肝心な点を見落としているように見えます。

Translate »