極限で知る直感

健康になるのが難しい理由は、人体が矛盾の間にバランスを取ることで成立しているからです。生きるのに不可欠な酸素は活性酸素を生み有用であり有害です。食べ過ぎると生活習慣病になりますし、ビタミンDなどの体内合成に必要な太陽光は皮膚がんの原因になります。健康の収支計算で絶妙なバランスを保つことが必要になり、最終的には野生動物としての人間が持つ直感がその判断に役立つと思います。しかし、本能的な欲求と生物としての直感を見分けることは厄介です。人は欠乏感を埋めたい本能的な欲求から快楽を求め、一方で不快を避ける安楽な生活を求めます。前者は中毒になり後者は生きる力を失います。欲求と生理機能の間に生じるずれをなくす手がかりは極限状態の運動にあると思います。エクストリーム・スポーツが魅力的なのは、いわゆるフロー状態でつきものが落ちるような爽快感をもたらすからです。こうした経験から人は、自分本来の身体能力を知ると思います。

Translate »