友好親善の幻想

隣の国では日本製品の排斥が盛り上がっているようですが、困るのは韓国の事業者だと思います。訪日旅行を取りやめると困るのは日本国内の企業ですが、損害を被るエアラインや代理店は韓国ですから痛み分けです。日本統治下の話をしたお年寄りを殴り殺したり、レクサスをパンクさせるほどに国民を劣化させた反日教育の愚かさに気づかない思考回路は日本人には理解できません。人が抱えるストレスの大半は人間関係に起因しますから、対策は悪い関係を断つことです。感情の起伏が激しく、嘘でも主張を曲げず、ときどき攻撃的になる厄介な友人と良い関係など築けるはずもなく、関わり合いを持たないことも選択肢だと思います。韓国の無分別さが利したのは、戦後レジームから脱却し日本を取り戻す、と唱えていた安倍政権かもしれません。写真はソウルの戦争記念館の朝鮮戦争の展示で、釜山まで追いやられた韓国を国連側の補給基地だった日本が助けたことが分かります。

Translate »