清算対清算

日韓の対立が従来とは異なる次元で先鋭化するなか、日本は珍しく挙国一致で韓国と対峙しているように見えます。思い出したように反日を叫び始める厄介な隣人は日本人の悩みの種であり、政治や官僚が面子を保つ絶好の機会とも言えます。韓国は時代や状況にあわせてその時々の正義を持ち出しますが、ルールや約束を守るべきだと考える日本人はご都合主義を嫌います。公然と竹島を不法占拠しながら居直る姿も、勝つことが全てでルール無視など気にかけない姿勢に映ります。日本側の措置はあくまでも権利侵害に対する正当防衛であり、政権幹部が早い時期から公言してきただけに勝算があるのでしょう。苦労人で軍隊でも優秀だったとされる文在寅が見落としているのは、自らが主張する「積弊清算」が日本側にもあることです。日本人が執拗な反日無罪に耐えてきたのは、原爆投下や東京大空襲など戦争の悲惨さを理解するからだと思います。日本が世間並みに主張し行動するきっかけになるなら明るい兆しでしょう。

Translate »