都市という錬金術

週に1、2度でも通勤電車に乗るのは苦痛です。ピーク時間をだいぶ過ぎて渋谷に着いた昨日も、ドアが閉まらないほどのすし詰め状態です。何十年も満員電車に乗ってきた自分は洗脳されていたとしか思えません。体力と気力を奪い絶望的な気持ちにさせる電車で通勤させるなど狂気の沙汰だと思いますが、今後も無くなることはないのでしょう。サテライトオフィスや在宅勤務はだいぶ以前より試されていますが、未だに定着しません。アメリカなどの事例に習い1966年に鎌倉の梶原山の小高い丘に本社屋を作った野村総合研究所や、神奈川県足柄上郡大井町の丘陵に1967年竣工した大井第一生命館ビルのような先端事例もありましたが、結局どちらも都心に戻りました。不要なものを買い、無駄に消費させる装置として都市が金を生み出す限り、都市神話は続くはずです。無機質とか非人間的などと非難されようが、新しさや洗練と言う魔力で感覚を麻痺させ、消費者の欲望を増殖させる錬金術に加わらない選択肢など検討する価値すらないのだと思います。

Translate »