狂乱が消した優雅さ

昨日は神奈川県葉山町にある登録有形文化財の加地邸を見せていただきました。フランク・ロイド・ライトに学んだ遠藤新の1928年(昭和3年)の代表作で、建築に詳しくなくてもライト独特の世界感に浸れます。富士屋、金谷、万平、奈良といったレジェンドを別格にして、東京ステーション、ニューグランド、蒲郡、川奈、雲仙観光といった代表的クラッシックホテルと同時代の建物は、ミシュランレストランの小笠原伯爵邸と同様に場所性や建築様式を超えて往年の空気を今に伝えます。昭和とともに失った最大の損失は、この時代固有の折衷様式が持つ優雅さだと思います。若い時の自分にとって憧れの対象だったホテルは、現存する上高地帝国や赤倉観光、かつての富士ビューや白馬東急でした。暖炉のある加地邸の客間に佇むと、どこか哀愁に浸りたい気分になります。上へ上へと日本人が未来を信じて高みを目指した昭和初期の優雅さは、その欠乏が満たされるとやがて損得感情の狂乱のなかで姿を消したのだと思います。

Translate »