車はリトリート

今朝は晴れ間も覗く甲子高原にきました。気温は18度と過ごしやすい気候です。移動にはいつも国道4号線を使いますが、高速を使わないのは費用対効果の問題ばかりではありません。街並みの変化を感じられる一般道は刺激が溢れアイデアを出したり考えをまとめるのに最適です。信号待ちで思いついたアイデアを音声入力することができるのも一般道を使うメリットです。退屈な高速と違い加減速を繰り返すので運転に集中でき、一種の瞑想効果もあります。今までは運転を価値のない時間と考えていましたが、運転時間が貴重なことに気づいてからは疲れを感じなくなり、甲子高原まではノンストップです。マインドフルネスドライビングほど瞑想に適し、その効果を実感でき、交通事故の減少など意義のあるものはないと思います。現役時代のビルゲイツが外界と遮断したThink Weekを重視していたように、4時間ほどの移動時間を一人になれることが重要で、車は身近なリトリートです。

Translate »