3、4割過食のトリック

農業革命以降の人類は麻薬的高揚感を伴うドーパミン型の食欲に欺かれてきたと思います。「人は小麦によって家畜化された」という表現はあながち外れていません。行列のできる飲食店もデパ地下の惣菜売り場もスーパーやコンビニのお菓子売り場にも血糖値スパイクの元凶となる高GI値食品が並び、インスリン過剰分泌による低血糖が中毒症状を引き起こします。必要を超えて継続的かつ余計に食べてくれることがフードビジネス成長の原動力です。糖質制限に対する批判の半分は無知によるものであり、残りは商売を守るためだと思います。古代より人類は糖質を摂っており、糖質ゼロの極論を主張したいのではありません。問題は現代栄養学が現状追認の誤りを今も教え、手の届くところにいつでも糖質がある飽食社会です。空腹による美味しさを知らず、低血糖と記号的なグルメ情報に操られていることを見過ごします。飢えと無縁の現代人が3、4割過食とする説は、このトリックにより説明がつくと思います。

Translate »