美味しい食事ではなく、食事が美味しい

多くの人が健康問題で頭を悩ます原因はそのゴールの曖昧さだと思います。健康のゴールは単純に快眠、快食、快便です。そのために必要なこともシンプルで早起き早寝、少食、運動です。これが実行できない理由も簡単で、脳に身体を操られているからです。その典型が「美味しい食事」という誘惑でしょう。グルメを自認する人は「食事」を追いかけますが、重要なことは食事が美味しいことです。食事は目的なのか手段なのかという命題に気づいたきっかけは糖質制限でした。空腹には二種類がありその違いは、脳の低血糖状態に対する欲求か否かです。この違いが分かると脳の欲求をやり過ごすことができ少食もダイエットも思いのままになります。それでも不健康が蔓延するのは単にヘルスリテラシーが不足しているからだと思います。

Translate »