肉体は衰えない

多くの人が諦めたら終わりだと知っているのに、こと年齢になると皆一様に諦めます。「もう年だから」と言う声をよく聞きますが、希望や明るい見込みがなければ人生は暗いものになります。皆が肉体的な衰えを信仰しますが、それは一面で正しく一面で誤りだと思います。70歳代になってフルマラソンを2時間台で走ることは難しいかもしれませんが、年齢にあったスポーツを選択することで肉体の限界は消えます。1948年生まれのマルコ・オルモ(Marco Olmo)が世界一過酷とされる100マイルのトレイルランニング世界大会UTMBで優勝を飾ったのは58歳でしかも翌年二連覇しています。この驚異的な偉業は、人間が本来持つ身体能力からすれば説明が可能です。86歳の今年、南米最高峰のアコンカグア登頂を目指した三浦雄一郎氏でさえ、60歳代は運動不足でメタボリックシンドロームに悩んでいたという話には勇気づけられます。

Translate »