ばえる(映える)の病理

スマホが高性能なレンズを持ち美しい写真が日常的に撮れるようになることで、視覚情報の重要性は増々高まっています。ばえる(映える)写真の競争は必然であると同時に不健全だと思います。見た景色を残したいので写真の加工はしませんが、売り込みたい人達は画像加工で盛ることを躊躇しません。ありもしない景色で人を騙し、簡単に別人を作り出すことで正当性を抹殺します。珊瑚に自ら傷をつけた朝日新聞による自作自演の珊瑚記事捏造事件なども、実態以上に見せたいという身勝手さの行き着く先です。インスタばえのための事故も世界では問題視されますが、自分を売り込みたいという欲求は、やがてばえる写真そのものを無意味化し自分たちの首を締める気がします。

Translate »