支配階級への憧れ

昨日は親戚の結婚式に出ました。馬車まで登場するメルヘン調のセレモニーは今も健在です。75億円の巨費を投じたとも言われるゴーン氏のヴェルサイユ宮殿での結婚式といい、多くの人の心の奥底に眠る憧れの対象は同じです。保守的なホテルの多くが宮殿様式をモチーフに取り入れるのもそのためです。宮殿や馬車は前時代の支配階級の象徴であり、産業革命以降それらは資本家、そして一般庶民の生活へと広がり今日に続いています。しかし1960年代以降の米国に代表されるカウンターカルチャーの流れが保守的なピラミッド構造の市場に風穴を開け、今ならSDGsのトレンドが無責任な消費を戒めます。しかしわれわれの心の中に固着した憧憬は簡単に消えることはないと思います。

Translate »