国防と戦争の境界

那覇は早くも初夏の風情で、首里城に続く古い石畳を登ると半袖でも汗が吹き出します。沖縄に来ると戦争について考えさせられます。20万人以上が犠牲となった地上戦ばかりでなく、海の犠牲者も少なくありません。学童疎開船対馬丸の悲劇は有名ですが、一般の沖縄県民が乗船して撃沈された戦時遭難船舶が26隻に及ぶことを知りました。こうした史実と向き合うとき、とても戦争を肯定する気にはなれません。一方でその根拠は何であれ、隙きあらば国境線を書き換えようとする隣国がいることも事実です。訪日観光客で溢れる首里城の上空を飛ぶF15を見ると、国防と戦争の曖昧な境界について考えさせられます。

Translate »