保身が阻む新機軸

子供が持つ無限の可能性を活かすも殺すも教師次第だと思います。娘が今年の夏に途上国で教育支援の無謀なイベントを企画したとき先生に言われた「心配なことだらけだけど、でもやってみないと分からないから一歩を踏み出しなさい」という言葉に感動しました。高校生が途上国でイベントを行うリスクは大きく、学校公認となればその責任は学校に及びます。それでも生徒の可能性に賭けようとする姿勢に本当の良心を感じます。残念ながらこうした学校は例外的で、多くの学校は古い企業組織同様に保身のためのリスク排除をします。日本から次の時代の新機軸が久しく生まれないのは、多くの企業が上から下まで前例や規則を盾に保身しか考えずリスクを取らないからだと思うのです。

Translate »