教育の問題は大人から

今日は娘の志望するロンドン中心部の大学に行きました。日本の大学にはない学びへの熱気が感じられ、スタートアップ企業のオフィスに近い雰囲気です。講義風景を見ても寝ている学生などいません。多くの日本の大学のように同年代の日本人ばかりではなく、年齢も国籍も異なる人たちのなかで学ぶ緊張感がこの熱気を生み出していると思います。日本との歴然とした差を間近にするとき、何から教育を変えていけばよいのか考えます。学ぶ意欲も必然もなく、ただ仕方なく大学に通い、教育をする側もそれを追認している日本の状況は異常です。緊張感のない日本の大学への進学を、娘の高校の先生が勧めないのももっともです。高等教育を変えるには高校から、高校を変えるには中学からでしょうが、一番の問題は子供の手本になるべき大人が惰性で生きていることなのでしょう。

Translate »