学ぶ必然

昨日で日本工学院の後期授業が終わりました。教育における最大の課題は学習意欲をいかに醸成するかという点に尽きると思います。学ぶ意欲に欠ける学生が無為な時間を過ごす光景は先進国共通の悩みでしょう。経済的理由で学べない人がいる途上国では教育を受けることが夢なのに、生活が満たされてしまえば教育の意味は変わります。学業が神聖な場と考えられる一方で、教育が規制産業であることが変革を阻害しています。世界的な起業家のなかには、この無駄に耐え切れずに大学中退や進学しない人も少なくありません。「教育こそもっとも利回りの高い投資」と言われる一方で、企業が行う研修も同様に無駄な投資に終わります。米国系企業に転職するまで英語を本気で勉強しなかった自分の経験からも、学ぶ必然こそが求められていると思います。

Translate »