地球とシンクロする

昨日は阿蘇カルデラの巨大な外輪山の雪の残る山頂から日の出を見ました。日の出前30分の空は刻々と色を変え地球の動きを体感する神聖な時間です。福島で生活しているとき精神状態が安定し心身ともに健康だった理由は、毎朝のトレイルランニングと山頂で拝むご来光にあったと思います。今日最初の太陽を浴びるとき瞑想のような境地になり、自分の人生にとって大切なものが何かを考えます。多くの都市生活者は、慌ただしい朝の準備か混雑する電車のなかで日の出の時間を迎えます。日の出や日没には地球とシンクロする特別の意味があると思いますが、喧噪に包まれる都市はそうした自然の営みをかき消します。人の浅ましさや冷酷な側面がクローズアップされるのは、人が進化の過程で自然を捨て破壊してきたことへの内なる復讐だと思います。

Translate »