歪んだ現代社会の病理

女児虐待死事件は救いを求め、防ぐ機会がありながらの悲劇ゆえにやるせないです。まれに起きた不運な事件として忘れ去るにはむご過ぎます。しかし、こうした悲劇が教訓となることはなく、恵まれた人にとっては所詮他人事です。すべての人が幸せを求めますが、それは十分に満たされた上での際限ない幸せの追及に陥り、飽き足らずに繰り返される貪欲で軽薄な消費の一部です。真に必要とされるのは自己中心的な幸福の追求ではなく、取り残される人を作らないことです。学校や児童相談所のみが責められる問題ではなく、社会への無関心、人への無関心という心の荒廃こそが歪んだ現代社会の病理だと思います。幸福を目指すのであれば、自らが社会にどのように貢献できるかが問われるべきでしょう。

Translate »