思考の形跡

昨日は代官山までラブラドールとジョギングをして脳の血流を上げてから、日本工学院の後期の採点をしました。15年間試験を避けて小レポートなどの平常点で評価してきたのは、一度の試験で点数化することが、学生の可能性を見つけて引き出すべき教師の役割に反すると感じていたからです。採点してみると授業中不真面目な学生がセンスの良い答案を書いたり、意外な発見もあり採点基準を工夫すれば試験も悪くないと思います。評価の基準は、理解力や記憶力よりも、独創的な思考や表現力、観察力を優先します。話したことを覚えているかではなく、文脈を多少外れても再構成できる思考の形跡を答案用紙に探します。

Translate »