ハグのための415km

昨年夏に開催された世界最長のトレイルランニングレースTJARの短いテレビ番組を見ました。注目を集める有名選手以外の選手の素顔に密着した番組で、強烈な印象を受けたのが、妻とゴールでハグをしたい思いで出場した選手です。冷え切った夫婦関係を修復するために、日本海から太平洋まで415kmの山岳路を走るなんてどうかしていると思いましたが、自分と同年配の男性の切実な願いは他人事とは思えません。自らの殻を破るためには415kmの過酷な距離が必要なのだと思います。同じレースの出場者には婚約者にゴールで指輪を渡した選手もいましたが、どちらもの行為も等しく尊く、人間はその短い一瞬のために長い道のりを生きるのだと思います。

Translate »