天啓に従い生きる

人生で自分がすべき仕事が、天啓のようにはっきりと分かる瞬間があります。もう20年ほど昔のことで場所は忘れましたが、寒い冬の温泉街を歩いているときに自分のすべき仕事が分かりました。当時はプロジェクトで関西に常駐していて、週末も仕事で東京に戻る時間がなく、息苦しいホテルから郊外の鄙びた温泉地に行き仕事をしていました。資料を広げることができる旅館の和室は好都合で、これは今自分が実現したいワークスタイルに似ています。働き方改革は時短と勘違いされますが、AIと共存する時代に人間に残された仕事はよりハードワークになると思います。自然の元での運動を組み合わせた働き方の高い生産性を広めていきたいです。

Translate »