必要なことはすべて知っている

30年ほど前ですが、中国の経済発展が注目され始めた頃のテレビ番組で、「貧しい時代の方がよほど幸せだった」と都市住民が話しているのを見て、それは錯覚だろうと思いました。執着と社会問題ばかりを生み出す進歩のあり方に疑問を持つと、インタビューに答えた老年女性が正しかったことを理解できます。人間が生きていくために必要なものは極めて少ないはずです。同時に人生に必要な知恵のほとんどは子供時代から知っていることばかりです。健康好きの自分が実践していることは腹八分目(少食)と早寝早起き、運動ぐらいですが、そんなことは小学校に行く前の子供でも知っています。人に感謝しなさい、礼儀正しくしなさい、という訓えも同様ですが、意味を正しく理解し実行できる大人は少数です。知っていることと、腑に落ちて実行することの間には深い溝があります。

Translate »