ささやかな冒険の途上

冒険のない人生なんて味気ないと思います。地球の裏側に行くようなことだけが冒険ではありません。自分にとっては旅館を買ったことは十分に刺激的な冒険で、家では料理なんてしたこともないのに70人分の調理ができる自分を少し誇らしく思います。挑戦する高揚感が自分の知らない一面に気づかせてくれます。無謀さがなければ苦労も刺激もない退屈な人生を過ごしていただろうし、人の助けのありがたさを感じることもなかったと思います。アドレナリンが出るような体験の連続で、何でもできるような気がしてきます。まだこのささやかな冒険の途上にあって、先が見えないからこそ価値があるのだと思います。

Translate »