医療費の75%は不要

最近憂鬱な日が多くなりました。過去を悔やむことは少なくなりましたが、将来への不安を感じて気分が落ち込みます。しかしその理由は明確で単なる運動不足です。厳寒の甲子高原にいて宿の経営や営業は問題だらけで、将来への不安に押しつぶされるような状況でも不思議と平気でいられたのは毎日運動をしていたからです。9月に今年最後のトレイルレースに出て以来運動らしい運動をしなかったのが原因で、スマホの歩数計にもその傾向が見て取れます。今年一年の平均歩数は一日一万歩なのですが、今月はその半分です。運動が鬱の特効薬であり、しかも再発リスクが薬よりはるかに少ないことは知られるようになりました。肥満や糖尿病だけでなく鬱までもが簡単に自分で治せることが分かってしまうと困る人も少なくありません。自分の体をコントロールするそのメカニズムさえ理解してしまえば医療費の75%程度は不要になるはずです。

Translate »