お金を使わない娯楽

昨日家族でユニクロに行き3人分の冬物衣料をそれなりに買ったつもりでしたがレジでは1万円もしません。知的興味の多くは図書館とYouTubeが満たしてくれ、大半の音楽や映像コンテンツは無料で手に入ります。趣味はトレイルランニングですが、入山にお金を請求するのは唯一富士山ぐらいです。たまに海外に行きますが、多くは仕事です。年間3万kmほど自動車で移動しますが、フィアットのディーゼルは1km走るのに5円程度の燃料代ですから、一人で乗ってもそれほど経済的な負担を感じません。シェアリング経済が進展すると、自動車の利用コストは今の数分の一から十分の一程度に下がるとされ、空家率の上昇により住居コストも低下します。我が家のラブラドールは2代目ですが、2匹とも成犬になってから譲り受けました。糖質制限を始めてからは食欲をコントロールできるようになり、人間はそれほど食べなくても生きていけることに気づきました。贅沢を言わず変な欲に惑わされなければ現代の日本はお金のかからない国だと思います。誰しもお金の心配をしたくありませんから稼ぐ方法を考えますが、不要不急の浪費をしなければお金の心配はなくなります。お金を使わない生活そのものが娯楽なのかもしれません。

Translate »