復讐する成功

カルロス・ゴーンの人生を狂わせたものを知りたくて、昨年元旦に掲載が始まった日本経済新聞の「私の履歴書」を読み直しました。ルノー と日産の官僚体質にメスを入れ、両社を再生させたばかりか日本の系列取引を破壊し鉄鋼業界の再編まで引き起こしたその破壊と創造は、日本の経済史に名を留めるに十分です。よもや2年後に逮捕され拘置所で日本の冬を迎えるなど想像もしなかったことでしょう。ブラジルに向かう高度1万4千メートルのコーポレートジェットの機内で書かれたという文書を読むと、感慨深いものがあります。複数ブランドを同じ製造ラインで生産する「クロス・マニュファクチャリング」や最良の人材を集める「クロスファンクショナルチーム」を最善と信じ、互いを尊重し合う文化の融合により統合すべき事業を一緒にする経営手法は、移民ゆえの多様性とアイデンティティーがそうさせたのでしょう。自分の原理原則を離れたときに失墜が始まると思います。30代半ばを過ごした米国のサウスカロライナ州での生活が公私ともに幸福な時代だった、と述懐している記述に目をひかれました。

Translate »