華やかな成功の代償

昨日は世界78カ国で公開され話題になった「ボヘミアン・ラプソディ」を見ました。よく似ている俳優とリアルなライブの映像には驚かされたものの、世間の評価ほどには感動しませんし泣くこともありません。クィーンは苦手意識があり当時は聞きませんでしたが、昨日はボヘミアン・ラプソディのメロディラインが頭から離れません。登り詰めるほど地位が欲しくなり、心を開くほど傷つき、友人が増えるほど猜疑心が強くなり、愛するほど孤独になる運命のいたずらには心を動かされました。コーポレートジェットから3畳の拘置所に送られたカルロス・ゴーンといい、華やかな成功の代償として人が失うものの大きさを考えさせられました。

Translate »