山一破たんが原点

毎年11月になると思い出すのは1997年の山一證券の経営破たんです。この出来事は自分の人生に少なからぬ影響を与えました。妻が勤めていた山一證券が不正会計問題から自主廃業に追い込まれたのは、奇しくも会社創立から100年の節目の年です。勤労感謝の日の振替休日の朝、自主廃業が報道されたときは八ヶ岳にいて、予定を切り上げて東京に戻りました。このときからぼくの企業への不信感と少しリスキーな人生観は芽生えたと思います。妻とはつまらないことでよく喧嘩をします。しかし、不思議と自分が転職をしたり、会社を辞めたり、旅館を買ったりと無謀なことをするとき妻は反対をしません。娘が中高一貫校の中学3年の夏休みを前に、突然区立中学校に転校したいと言い出したときも我が家では誰も反対をしませんでした。それぞれが好き勝手に生きていると家族は似てくるのかもしれません。

Translate »