一期一会の働き方

一期一会という言葉はどこか堅苦しく、実態の伴わない精神論を説くようであまり好きではありませんでした。しかし、今の自分の仕事観は一期一会です。旅館の営業を止めている現在はプロジェクト単位の業務受託と非常勤講師の非正規雇用で収入を得ていて、将来への保証はありません。日本では非正規雇用が問題視されますが、欧米の労働力人口の約3割が個別契約に基づくIndependent Contractorとされ、日本でも束縛の多い正規雇用を嫌う一定層が存在します。互いに緊張感のある関係は悪くないと思います。いつでも関係を解消できるからこそ目の前の仕事に集中でき、逃げ場のないストレスにさらされることもありません。期限の定めのない雇用は、やがて緊張感が薄れ仕事は惰性になり、仕事以外のことに目が行き、そして人生も惰性になりがちです。非正規雇用の問題を抱える日本ですが、他方で正規雇用が幸せな生き方とも思えないのです。正規か非正規か、雇用されるかされないかに関わらず、重要なのは仕事への姿勢だけでしょう。

Translate »