授業は予測不能な小旅行

母校の中学校では夏休みに槍ヶ岳に登らせます。表銀座縦走ルートながら、登山経験のない中学生の団体を登らせるには危険が伴います。実際ぼくが参加した年も複数の生徒が滑落しています。娘の通う高校では1年生全員を一人ひとり違う海外の学校に一年間留学させます。今の教育に必要なのは自身の限界に出会う冒険だと思います。普通の授業なんてしたくありません。授業を予測不能で刺激的な小旅行に変える方法はないものかと、普通の授業をしながら考えます。教員は学生の無気力を嘆きますが、一方でそうさせたのはつまらない授業です。関係者を議論の場に引きずり出さなければ、皆が共犯関係にある教育が抱える問題は改善されません。社会や学校を変えることができるのは対立や反発を怖れず挑める人だと思います。学生にとってはいい迷惑でしょうけど、今の状態で学生を社会に送り出すことを割り切る気持ちにはなれません。勉強のおもしろさに気づくのは大人になってからなのかもしれません。

Translate »