スーツを着たジョブス

スティーブ・ジョブスは日本の工場で見た工員の作業服に感激して以来同じ服を着るようになったとされます。スーツを着たスティーブ・ジョブスを想像できないように、スーツ姿の自分をイメージするのが難しくなりました。服は自分らしさを演じる要素ですが、服にはこだわりがありません。いつも同じものを着ることが自分らしさです。服に限らず物へのこだわりもありません。IBM以来20年使っているシンクパッドやグリップ性能で選ぶトレイルシューズ以外のブランドはさして重要ではありません。車は好きですが執着を増やすだけのいい車に乗るつもりはありません。定期点検以外のメンテナンスをしないのに、一切文句も言わず4年で9万キロ近くを走る最低価格のフィアットに愛おしさを感じます。賢者の多くが語るように、執着を手放せば幸せに近づくと思います。

Translate »