忙しいときほど山に行く

昨日は高尾山に登りました。忙しいときほど山に行くべきだと思います。ぼくにとって早朝のラン&マインドフルネスは脳のポテンシャルを呼び覚ます最強のビジネスツールです。朝の4時間をつぶしてもその後の仕事の生産性の高さを考えれば十分に行く価値があります。残念ながら多くの企業は成果ではなく時間を管理しますので、こうした変則的な働き方を許しません。鳥のさえずりを聞きながら森のなかを足早に登り、山頂で軽食と短い瞑想のあと、速いテンポの曲を聴きながら、気持ちのよいシングルトラックのトレイルを駆け下りることで全身に血が巡ります。早朝の森を駆け抜ける喜びは至上のリトリートです。自宅に戻る10時には脳は仕事モードになっています。企業でこのような本質的かつ非常識な議論ができるまでにはまだ時間がかかるのかもしれません。

Translate »