好きな未来

昨日は「関東三大祭」の一つであり国の重要無形民俗文化財、ユネスコの無形文化遺産に登録される「川越氷川祭」に呼んでいただきました。松平信綱の祭礼用具寄進から今年で370年の節目を迎える祭事には2日間で80万人の人出を数えると言います。こうした機会がないと出不精で祭りに出かけるモチベーションはわきません。集まったのは会社を辞めて事業を始めた人です。共通するのは答えを求めず嗅覚で判断して素早く行動すること、生涯現役を目指していてモナコに家を買うといった手の届きそうな夢を持っていることです。事業を起こせば未来が不確定なかわりに、未来の目標を好きなように設定できます。

Translate »