生き残るための革新性

後期が始まり学生と話す機会が増えると、彼ら彼女らの就職先である企業に思考が向きます。以前と考えが変わり今の自分は就職活動ではなく起業を勧めます。よい会社に勤めるという経済成長期に適合した発想を奨励することはむしろ無責任だと思います。中小企業の新卒の過半数が3年以内に退職する時代ですから、一社に生活の糧を依存して怯えるように暮らすのではなく、自分の力で仕事を創りだす道があることを伝えます。結果として大半の学生が就職するにしても、アントレプレナーの視点を持ち合わせればその職場で成長できる確率が上がります。人類進化とともに長年かけて組み込まれた遺伝子情報は、生存のための保守性と、環境変化を生き残るための革新性という矛盾したメッセージを内包しています。現代の社会で必要なのは後者だと思うのです。

Translate »